にんにくサプリの効果/疲労回復・健康パワーの成分

にんにくサプリ,疲労回復効果のポイント

にんにくサプリの疲労回復効果/滋養強壮パワーの栄養素

にんにくサプリには、にんにくの豊富な栄養分が手軽に摂れるので、疲労回復ができなくて悩んでいる人にとても効果的な成分です。

滋養強壮成分の種類が多いのがにんにくの特徴です。

毎日の疲れを放置していると、疲れから気分が落ち込んだり、生活習慣病の発症など弱い身体になり悪循環になります。

しかし、にんにくサプリの成分を毎日取り入れれば、日々の仕事・家事の疲れ・精神的な疲労を解消することができます。

にんにくパワーをうまく活用して、健康な体を手に入れましょう。

 

 

【にんにくサプリの効果】疲労は筋肉の疲れが原因

疲れの原因・メカニズムは、誰の体にもある筋肉が傷つくことが理由のひとつです。にんにくサプリに含まれる成分のビタミンB群や、アミノ酸の効果で傷ついた筋肉の修復を早めることができます。

反対に、これらの栄養素が不足すると筋肉の修復がうまくいかず、疲労が蓄積してしまい眠ってもなかなか回復しないという悪循環に陥ってしまいます。

にんにくにが疲労回復に効果を感じやすいのは、ビタミンB群やアミノ酸、さらにはビタミンB群の働きを高めるアリシンなどが含まれていることが深く関係しています。

にんにくサプリには即効性はないのですが、毎日飲み続けることで「最近、疲れにくくなったな~。」とある日ふと効果を実感できている人が多いですね。

疲労ににんにくのビタミンB・アリシンが効果的

ビタミンBとアリシンの存在は、にんにくの疲労回復効果を語る上で外すことができません。

ビタミンB1は、体のエネルギーを作り出す上で大事な働きを担っています。ヒトがエネルギーを作りだすためには、細胞の中にある「TCA回路」を活性化させる必要があるのですが、ビタミンB1がないとこの回路をうまく回すことができず、エネルギーの産生が低下してしまいます。

ビタミンB1はそれだけで摂ると、水溶性という性質があるので体への吸収が少なく、排出されてしまうという弱点があります。

しかし、にんにくに含まれるアリシンは、ビタミンB1と結びつき脂溶性に変化させてくれる優秀な成分なんです。

アリシンとビタミンB1が結びつくと、アリチアミンという成分となり、より効果的な性質に変化します。

ビタミンB1が効率的に体に吸収されることで、TCA回路を活性化させることができ、疲労回復のためのエネルギーの産生効率が大きく向上します。

疲労は筋肉痛が原因のひとつ/にんにくのBCAAが疲労回復の手助けになる

体の痛みや重さ、ダルさなどの疲労の正体は筋肉痛が原因のひとつです。

にんにくには、筋肉の修復に大切なBCAAというグループのアミノ酸の「バリン・ロイシン・イソロイシン」が多く含まれています。

この3種類のアミノ酸がないと筋肉を作ることがうまくいかず、疲労回復に遅れが出てしまいます。

疲れやすい体の人は、もしかするとBCAAが足りていない可能性があるということですね。

BCAAはヒトが体の中で作ることができない「必須アミノ酸」なので、食事やサプリメントなどで摂る必要がありますから、積極的に摂ることが大切です。

年齢を重ねていくとともに、運動量の低下などの老化で筋肉が減少でも、疲れやすい体になってしまいます。

その対策として、にんにくに含まれるBCAAを摂取し、さらに運動をすることで、強い筋肉ができ、「疲れにくい体」に近づくことができます。

疲労の超回復/毎日の筋肉疲労に栄養を

筋肉の疲労は、傷ついた筋繊維が修復されることで元に戻ります。この過程を「超回復」と呼び、トレーニングなどで高い負荷をかけた後には、逆に筋繊維が太くなります。

筋肉が回復するためには、上で紹介した筋肉(タンパク質)の素材となるバリン・ロイシン・イソロイシンなどのアミノ酸(BCAA)と、その効率を加速させるビタミンB1を摂取することが大切になってきます。

疲労は運動による疲れの蓄積が原因

体が運動することは、少なからず筋肉を働かせています。運動した後は、筋肉が傷つくことで体の疲労感は高くなります。

さらに、運動していないから、筋肉の疲労が起こらないということはあり得ません。

もちろん、体をまったく使わなければ筋肉の疲労は最小限で済みますが、現実的には仕事や家事で体を使っているはずです。

それらの小さな筋肉の疲労の蓄積が、自覚症状となって体のだるさや、痛みなどとして表面に現れてきます。

毎日の疲労は小さいものと侮らずに、にんにくサプリで栄養補給をしましょう。

 

 

【にんにくサプリの効果】疲労はストレスにも注意/慢性疲労につながる

体の疲労のもう一つの原因は、ストレスがたまることです。特に、慢性的な精神疲労に悩む人は、にんにくに多く含まれるアミノ酸などの効果で疲労を軽減することができます。

一番のポイントは、毎日の睡眠のときに、いかにストレスを軽減して体、脳を休ませられるか?ということです。

人が生きていく中では、ストレスは避けようのない問題ですよね・・・。パワハラやセクハラなどの問題が大きくクローズアップされる機会が増えてきました。

そこまではいかずとも、日々、人間関係などで小さなストレスを溜めてしまっている人も多いのではないでしょうか?

ストレスによる疲労は、ハッキリとは自覚できないというのもネックなんです。

メカニズムを知り、精神疲労の回復を図ることでストレスによる疲れの慢性化を予防していきましょう。

疲労は自律神経の乱れ/ストレスをサプリの成分で回復

ストレスによる疲労は自律神経の働きが乱れることが問題のポイントです。

自律神経を整えることができれば、ストレス性の疲労についても軽減させることができます。

疲労と交感神経のメカニズム

私たちの体は交感神経と副交感神経がうまくバランスを保っています。

交感神経は仕事や勉強など、頭・脳が緊張している状態で強く働きます。

副交感神経は逆に、寝ている時などに働く神経です。

1日の中でも、交感神経が長く・強く働く状態が続くとバランスが崩れます。

この状態が、自律神経の乱れとなり、体がだるい状態が続いたり、ストレスを感じやすい過敏な状態になってしまいます。

眠れない夜を経験したことがある人も多いのではないでしょうか?それは交感神経が強く働いていて、緊張状態になってしまっているからですね。

副交感神経も働き、休息がしっかり取れる状態にならないとストレスがたまり続けます。

疲労はイライラに繋がる/脳疲労を回復・セロトニンを増やす

精神的な疲労は、常に感情がイライラしている状態にもなりがちです。自律神経のバランスが崩れて、休息がうまくできていない人は、感情をうまくコントロールできないことに繋がります。

些細なことでも「イラッ」としてしまい、人間関係を悪化させてしまうこともあるかもしれません。

イライラ状態を防ぐカギのひとつに、「セロトニン」という脳内の神経伝達物質があります。このセロトニンが不足すると、、副交感神経の働きが弱まるので、休息がうまくできずに、ストレス状態が緩和されないことに繋がってしまいます。

トリプトファンのストレスへの効果

にんにくには、アミノ酸のトリプトファンが多く含まれています。トリプトファンはセロトニンの分泌を促進する働きがあるので、副交感神経の働きを高める効果が期待できます。

にんにくサプリを毎日続け、睡眠をしっかりとることで、自律神経をうまくコントロールすることが大切です。

 

 

にんにくサプリが効果的な疲れの症状

にんにく成分の効果

にんにくを毎日摂り休息することで、取れにくい疲れも少しずつ軽減することができます。

にんにくの疲労に効果的な成分としては、

イオウ化合物(アリシン・アホエンなど)
アミノ酸
ビタミン類

の大きく分けて3つのグループに分けられます。

具体的な疲れの症状に対して、どんな栄養の効果が期待できるのかを見ていきましょう。

【にんにくサプリの効果】慢性化した疲労回復に効く

身体の痛みなどの慢性化した疲労は、休むだけでなくにんにくに含まれる栄養素を摂ることが大切です。

普段運動をしていない人でも、体の緊張状態が続くと局所的に筋肉の硬直した状態が続き、筋肉の疲労となって痛みなどを伴います。これは、眠るだけではすぐに改善しないことが多いですね。

回復量が追いつかずに、疲れがたまっていくと常に体が痛かったり、倦怠感を感じてしまうような「慢性疲労症候群」に陥っている可能性もあります。

体に痛いところがあると、朝起きた後も仕事に行く気力がなかったり、集中力を欠いたりなどの悪循環に陥りがちです。

疲労の肩こり・首こりに効く/ひどい筋肉疲労を解消

慢性化した疲労に悩む人の具体的な症状で多いのが、肩、首の痛みなどですよね。

特にデスクワークが主体となっている人などは、肩こりや首のコリが生まれ、痛みとなって不快感をもよおします。

椅子に座っている状態が長く続いていると、肩、首などがあまり動かない緊張状態となるために、少しずつ筋肉の疲労が溜まっていってしまうのが原因です。

対策として肩や首の筋肉を伸ばすストレッチなども効果はありますが、慢性化していると簡単には痛みを取ることができません。

疲労の腰痛/ストレッチで改善しない場合

腰痛が生じやすい人は、硬い地面に1日中立ちっぱなしのような立ち仕事の人に多いですね。硬いコンクリートや、鉄などの硬い場所は、足元からの反発も大きくなり、それが筋繊維を傷つくことに繋がります。

慢性化した腰痛も、やはり疲労軽減成分を摂った上での休息が大切になってきます。

疲労の眼精疲労/疲れ目・頭痛

眼精疲労は現代病のひとつと言っていいほど、苦しんでいる人が多い症状です。眼精疲労は、疲れ目とも呼ばれますが、その正体は目周辺の筋肉の疲労です。

パソコンやで仕事をする人が多くなった昨今では、目の使いすぎ・酷使することが多くなってしまいました。

頭痛などの症状も同時に併発しやすいのが眼精疲労の特徴ですね。対策としてはやはり毎日の睡眠が一番のポイントになってきます。

慢性的な筋肉疲労に効くにんにくサプリの成分

肩こり・首こり、腰痛、眼精疲労などの筋肉の疲労は、にんにくサプリに含まれる抗疲労成分を摂り、睡眠をとることで回復することができます。

即効性がある方法ではないですが、疲労回復の質の向上を図ることができます。

ヒスチジンで疲労感を軽減

にんにくサプリには、アミノ酸のヒスチジンが多く含まれています。ヒスチジンは、疲労感を軽減する成分として知られるようになりました。

ヒスチジンが多くあるのとないのとでは、約6倍近くも疲労感の軽減効果に差が出ることが研究で判明しています。

40代~60代と働き盛りの人での結果なので、疲れを何とかしたい人は積極的に摂取したいところですよね。

スコルジニンが新陳代謝をアップ

にんにくにはスコルジニンという特徴的なスタミナ成分が入っています。

スコルジニンを投与することで、元気のなかったマウスが少しの時間で活動的になるなど高い滋養強壮成分です。

スコルジニンには、血行促進効果があるので、肩こり、首こり、腰痛、眼精疲労などの筋肉の疲労回復を早めてくれます。

ビタミンEが活性酸素を除去

にんにくに含まれるビタミンEには、高い抗酸化作用があります。活性酸素が必要以上に体の中で生じると、細胞を傷つけてしまいそれが筋肉の疲労感の増大になります。

ビタミンEはビタミン類の中でも、特に活性酸素の働きを抑える効果の高い有効な成分です。

疲労・疲れが取れない倦怠感にサプリメント

毎日の慢性疲労は、にんにく成分による栄養不足を解消できます。具体的に体に痛みはないんだけど、なんとなく「体がだるいな~」と感じることはないでしょうか。

倦怠感とも言われる症状ですが、肝臓などの体の機能が低下していたり、栄養不足・睡眠不足によるところが大きいです。

そんなやっかいな、何となく体が疲れている倦怠感も、にんにくサプリで解決することができます。

トリプトファンで睡眠の質を改善/倦怠感を軽減

倦怠感をなくすのには、睡眠の質を改善することがまず第一に効果的です。

にんにくに含まれるトリプトファンは、リラックスホルモンのセロトニンの分泌をサポートすることで、副交感神経の働きを助けることができます。

深い睡眠を摂ることができれば、睡眠時のエネルギー代謝も活発になり、ストレス性の疲労を軽減することができます。

フェニルアラニンが安眠をサポート

フェニルアラニンには、脳の中の神経伝達機能を助ける効果があります。

トリプトファンと同じくアミノ酸の一種なのですが、精神を落ち着かせる効果が期待できますので、睡眠の質を改善するのに役立つ成分です。

にんにくの夏バテの原因と効果的な栄養素

倦怠感といえば、夏バテなどの症状も正体が見えにくい疲労の症状のひとつです。暑い夏の時期は発汗が多くなるために、体からのミネラルの流出量が多くなってしまいます。

夏は食欲も出にくい時期なので、食生活のバランスが崩れ疲れの予防がしにくいです。

ダルさがなかなか取れない状態を予防する意味でにんにくサプリは効果的です。

カリウムの補給でダルさの軽減

にんにくサプリに含まれる栄養素のひとつに「カリウム」が挙げられます。カリウムは夏場に特に不足しがちなミネラルです。

にんにくは、100gあたりで約510mgものカリウムが含まれています。

体内の水分調節の働きに必須なので、意識的に摂取しておきたいですね。

【にんにくサプリの効果】疲労と集中力の乱れ/脳疲労をサプリで回復

慢性的なストレス疲労による集中力の低下にも、にんにくに含まれるアミノ酸などの栄養素が効果的です。

交感神経を長時間使うストレス状態が長引くと、脳の疲労に繋がりストレスをため続けた状態になってしまいます。

疲労からのやる気・集中力低下

ストレス疲労が慢性化してしまうと、仕事へのやる気・意欲が低下してしまいます。

やる気減と共に集中力・注意力も低下することで、仕事でミスを頻発してしまったり、交通事故などの大きなトラブルなども生じかねません。

脳が疲れやすい状態を解消するには、適度にストレス発散するのがポイントです。

にんにくサプリの成分が効率的なストレス疲労の低減に役に立ちます。

セリンの脳機能への効果でやる気を取り戻す

にんにくサプリに含まれるセリンもアミノ酸の種類のひとつです。神経細胞の材料となり、睡眠の質を改善したり、認知症などの病の予防にも効果的な成分です。

頭がうまく働かないな・・・と感じている人は、セリンを意識的に摂ることで少しずつ緩和をさせることができるかもしれません。

チロシンでやる気アップ/ドーパミン生成促進

アミノ酸のチロシンは、やる気ホルモンとも呼ばれる「ドーパミン」の生成を促進させる成分です。

にんにくに多く含まれるアミノ酸のひとつで、集中力アップや神経機能の向上などへの効果が確認されています。

【にんにくサプリの効果】疲労からの免疫低下を防ぐ

慢性化した疲労を放置していると、身体の免疫力が下がります。

免疫力の低下は、風邪などを引きやすく、また、風邪をひいてからもなかなか体調が回復しないという症状をまねきがちです。

一度熱が出ると、なかなか体の調子が回復しなくて、仕事にも支障をきたしてしまう・・・と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

免疫力を下げないのは、やはり日々の栄養摂取・管理を怠らないことがポイントになります。

にんにくに含まれる栄養素の中には、免疫力を高めるような成分が含まれています。体を強く健康に保ち、悪循環を防ぎましょう。

にんにくサプリの効果/風邪・インフルエンザを予防

にんにくサプリで免疫を高めることは、風邪やインフルエンザなどの感染症を予防するのに役立ちます。

冬場は風邪ウィルス、さらにはもっと症状の重いインフルエンザウィルスなどの影響が心配です。

本来、ウィルスや菌は体の中に入っても、誰にでも備わっている免疫細胞によって退治されます。

しかし、体力の低下が引き金となって免疫力が下がると、ウィルスが増殖してしまい体調不良として症状がでてしまいます。

免疫力を下げないためには、腸内の環境を良くすることが大切ですね。

にんにくオリゴ糖で免疫力の底上げ/腸内環境を良好にする

にんにくには、オリゴ糖が多く含まれています。オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサとなる糖類のひとつで、乳酸菌を増やすことに繋がります。

善玉菌を増やさないことには、腸内の環境を整えて免疫力を保つことができません。

逆に腸内の環境を整えれば体の中に風邪ウィルスが入ったとしても、活性化した免疫で退治することできます。

にんにくサプリを毎日摂ることで、オリゴ糖を摂取できますから、善玉菌を減らさずに増やす効果が期待できますよ。

【にんにくサプリの効果】疲労の食欲不振

疲労からくる食欲不振も、にんにくサプリを毎日継続することでサポートすることができます。食欲不振はストレスなどの疲労で、胃腸の機能が低下しているのが大きな原因です。

食欲不振は、食生活の乱れによる消化器系の機能低下と、ストレスによる副交感神経の鈍りが関係しています。

「緊張しすぎて食事が喉を通らない」という経験は、誰でも体験したことがありますよね?

高ストレス状態は交感神経が高ぶっているので、食欲がわいてきません。

疲労による胃痛/ストレス解消が鍵

疲労の胃もたれ/ストレス・食生活の乱れを改善

リジンの肝機能アップ効果で消化器系を元気に

食欲不振の解決には、肝機能をまず正常化させることが大事です。肝臓機能が疲れていると、体の毒素の分解が進まなかったり、エネルギー代謝も鈍化してしまいます。

にんにくに含まれるリジンには、肝臓の機能をサポートする効果があるので、食事の量が少ないながらもにんにくサプリを飲めば、回復を図ることができます。

【にんにくサプリの効果】疲労の高血圧を解消/慢性疲労を改善

にんにくサプリに含まれる成分は、慢性疲労の回復と同時に血圧を下げる作用が期待できます。

疲れが溜まっているのを放置していると、血圧が高い状態となりがちです。

40代、50代、60代・・と年齢が高くなってくると血圧の数値は無視できません。血圧が高い状態が続いていると、動脈硬化などによる突然死などの危険性も増してしまいます。

にんにくの効果・成分で血圧を下げる

にんにくの特徴的な成分としては、アリインやアリシン、ジアリルスルフィドなどの多くの「硫黄化合物」の存在があります。

これらの成分は、体を元気にするような滋養強壮の作用もありますが、血液をサラサラにしてくれる抗血栓の作用があると考えられています。

血液の中の血栓が減ることで、血圧を下げることにつながります。

高血圧が気になる人は積極的ににんにくサプリを摂りたいところです。

アホエンの効果で血液サラサラで健康

硫黄化合物のひとつに「アホエン」という成分があります。このアホエンにも高い抗血栓作用があることが分かってきました。

アホエンは高温で調理すると壊れやすい成分なので摂るのが難しいのですが、にんにくを低温でゆっくり処理したにんにくサプリであればアホエンの効果が期待できます。

【にんにくサプリの効果】疲労で老けるのを予防/疲れ顔習慣にサヨナラ

疲れた状態を放置していると、疲れ顔となり老けて見えます。

「なんか疲れていない??」と他の人に指摘される時の顔は、もしかしたら実年齢よりも老けて見られているかもしれません。目のくまなども元気がないとハッキリと出てしまうものですから。

化粧品などでのスキンケアも意味がありますが、体の内面を元気に保つ習慣を付けることはどんどん老けるのを防止することができます。

体が老化してしまうのは、余分に発生する活性酸素が主な原因。対して、にんにくサプリに含まれるビタミンには、抗酸化効果のあるものが多いです。

抗酸化作用のある栄養をうまく摂取して、長い間若々しい状態をキープしましょう。

にんにくサプリの効果/肌にいいすべすべ成分でアンチエイジング

にんにくサプリに含まれるすべすべ成分を毎日体の中に摂り入れて、アンチエイジングすることができます。

にんにくのアミノ酸やビタミン類には新陳代謝を活発にし、血液循環を良好に保つ効果が期待できますので、肌のターンオーバーが乱れるのを防ぐことができます。

その他にもサポニンなどの機能性の高い成分の効果も見逃せません。

サポニンの抗酸化作用で活性酸素からの老化を防ぐ

にんにくに含まれる成分のサポニンには、高い抗酸化作用があることが最近になってわかってきました。

ストレスや疲れの元になる活性酸素を減らすことで、美肌をキープすることに役立てましょう。

 

 

【にんにくサプリと疲れの原因】疲労を生活習慣の改善で防ぐ

疲れと生活習慣

生活習慣の乱れは慢性疲労をまねく原因です。睡眠や食事の改善で脳疲労などのストレス疲れをとることができます。

生活習慣が乱れることは、すぐに体に大きな影響として現れにくいのが問題のひとつ。せっかくにんにくサプリで体にいい成分を摂ってていても、乱れた生活習慣をおくっているとあまり効果を感じられない場合があります。

ここでは、体・精神の疲労を少しでも蓄積させないための避けるべき生活習慣についてみていきましょう。

疲労を休めない場合でも取る/脳疲労を防ぐ

疲労は身体を休めないと溜まる一方。まとまった休みが取れない場合でも休息の仕方で疲れを軽減することができます。

疲労が溜まってしまうのは、休めないことが一番の問題です。平日の忙しい仕事が続くと、睡眠時間すらままならないという悩みを抱えている人も多いですよね。

睡眠時間がなかなか取れない場合でも、最低5時間は睡眠を取ることが大事です。特に、寝ついてから最初の90分間に深く眠ること(ノンレム睡眠)ができれば、成長ホルモンの分泌と共に新陳代謝が活発になり疲労を回復することができます。

疲労は不眠の軽減が鍵/自律神経やストレス状態を改善

疲労の最大の敵は不眠です。しっかり眠れない状態が続くと、睡眠時間は確保していても疲労回復効果が弱く疲れがたまっていきます。

なかなか寝付けなくて困っている人は、眠る前の環境を整えることから始める必要があります。

眠る前に入浴する人も多いと思いますが、ポイントは寝ようとする時間の90分~2時間前にタイミングを合わせるということです。そうすることで、体温が高い状態が寝る時間に急激に下がることにより眠気が強く出てきます。

また、緊張やストレスが高い時に働く交感神経を刺激しないことも大切です。眠る前に興奮度を高めるようなテレビや動画を見るようにはしないことや、仕事について考えすぎないことで交感神経の高ぶりを抑えることができます。

もし寝付けなくて困っていてこれらのことを実践できていないようなら、心がけてみてください。

疲労はスマホ・PCのデジタル疲労も大きな要因のひとつ

最近では、スマホを持っていることが当たり前の事態になってきました。そんな背景から、スマホ・PCによるデジタル疲労も疲れ・不眠の要因になる人が増えています。

眠る前にスマホでネットやゲームをしている人いるのではないでしょうか?これは疲れを回復するための妨げになってしまうので、止めた方がいいです。

スマホから入ってくるブルーライトの刺激は視神経への刺激・ストレスになります。さらにスマホから入ってくる情報自体が交感神経を刺激することになるので、自律神経が乱れ、ストレスになり深い睡眠の妨げになってしまいます。

疲れ目や眼精疲労に苦しんでいる人は寝る前スマホを今日から止めましょう。

疲労と栄養不足/食生活の乱れ・バランスの変化

疲労が休んでも取れない人は、栄養不足や食生活の乱れが関係していることが多いです。

忙しさのあまり、外食やコンビニ弁当などで夕食を済ませてしまう人の割合も増えていますからね。コンビニ弁当などは、品質も上がっていますが、それでも食品添加物などが通常の食事と比べて多くなってしまうのは当然です。

食品添加物のすべてが悪いわけではないのですが、化学合成されたものの中には、摂ることで体内の活性酸素量が増えてしまい、疲労状態を誘発するような成分もあるようです。

時間を優先するあまり、食事をコンビニや外食に頼りきりで疲れやすさを感じている場合には、自炊などをする日を設けるなどして改善を図ってみるのも大切です。

当サイトでおすすめしているにんにくサプリは、健康効果の高いにんにく卵黄がふんだんに入っていますので、疲労回復したい人におすすめですよ(^-^)

疲労を食生活で改善できる食べ物

疲労回復効果の高い食材としておすすめなのが、にんにくなのは間違いないのですが、その他にも豚肉、鳥の胸肉、卵などがあります。

豚肉にはにんにく同様、ビタミンB1が豊富に含まれているので、疲労回復のためのエネルギーを生み出すのに最適の食材です。

卵には卵黄部分に抗酸化作用の高いビタミンEがたっぷりと含まれています。その他にも緑の野菜類などには、ビタミンCなどの同じく抗酸化作用の高い成分が豊富に入っているので、意識して摂っていきましょう。

疲労と運動不足/血流の低下が疲労感に弱くなる

運動不足による筋肉量の減少は疲労に弱い身体の状態になってしまいます。

運動すると疲れるのはもちろんなのですが、年々筋肉量が減り、筋繊維が細くなると疲れにも弱くなってしまいます。筋繊維が傷つきやすくなったり、少しの運動でも筋肉が弱いのでなかなか疲れからの回復がされにくくなります。

筋量の減少と共に血流の低下をまねくことで、新陳代謝も鈍ります。運動不足は、負荷の少ない仕事を1日しただけで、疲れを強く感じるようになってしまいます。

疲労と飲酒/飲みすぎ・飲酒量の増大は疲労回復の大敵

飲酒量の増大は肝臓の疲労を起こし解毒ができない&新陳代謝の低下を招くので疲労回復の邪魔になります。

飲みすぎることが多かったり飲酒が習慣化している場合には、疲れやすい体と確実に関係しています。

1週間のうちでお酒をやめる日を数日作ったり、肝臓の疲れをとることは疲労回復の上で重要ですので意識してみてください。

疲労とアルコール/お酒のメリット・疲労回復はストレス発散のみ

アルコールを摂ることによる疲労回復のメリットは、精神的なストレスの発散のみです。人と笑い話をするだけでも、副交感神経が働くので、ストレス状態の緩和になります。

それも少量の飲酒量に留めておくことが大事なので、飲み会などで飲み過ぎることは疲労回復には逆効果になってしまっています。

お酒を飲んで寝ても、翌日あんまり寝ている実感がないな・・・という二日酔いの苦い思いをしている人も多いですよね?アルコール過多による睡眠は、脳が寝ているのではなく、脳が停止している状態に近いので、休息効果が低くなってしまいます。

脳疲労を避けるためにも、飲酒量を抑えることは疲れている時の大切なポイントですね。

疲労と肝臓/肝機能の正常化が疲れをとるのに有効

肝臓が働くことで疲れを回復するためのエネルギーの産生が行われます。しかし、飲酒量が多いと肝機能の低下し、エネルギー産生が滞るので、疲労回復がうまくいかなくなってしまいます。

アルコールを飲むと、副産物としてアセトアルデヒドという毒素が生み出されるのですが、それを解毒する働きをしているのが肝臓です。

肝臓を健康に保つためにも、アルコールの過剰な摂取は控えた方がいいでしょう。

疲労と姿勢/疲れやすい状態の改善は作業量の軽減

仕事中の姿勢は疲労感を増すポイントのひとつですが、作業量の減少や睡眠の改善で疲れやすい状態を改善することができます。

外を回ることが多い場合には、足の筋肉。立ち仕事の場合は足や腰、デスクワークの場合は首や肩、目の疲れなどが多くなりがちです。

仕事の合間に、痛い部分のストレッチをするだけでも疲労度合は変わってきますので、休憩時間などに意識して摂り入れてみましょう。

デスクワークの疲労の正体/脳疲労の軽減で解消

デスクワークは座っての作業なので、体が疲れにくいと考えがちですが、実際にはそうではありません。同じ姿勢を長時間続けることは、血流の滞留をまねいたり、筋肉が緊張した状態になるので、首や肩にも疲れが出てしまいます。

また、単純作業ではなく頭を使う仕事になると脳が緊張している状態が続きますので脳疲労となり、ストレスがたまります。

ストレスの解消と同時に、肉体の疲れも取れるにんにくを摂ることで、毎日の疲れの解消をすることができますよ。